おせち料理通販の予約時期

おせち料理通販の利用を初めてお考えの方は予約時期もある程度考えて取り寄せる事をお勧めします。というのも、おせち料理の予約販売は早い通販では9月下旬頃から始まるので、ついつい見切り発進して早い時期から予約される方が多いからです。

何故なら、予約販売開始と同時に早割りという宣伝で広告やインターネットなどでよく見かけるようになる為、ついつい飛びついてしまうのです。

 

特に値段重視で割引率の高い時期に購入したいとお考えの方はこの早割りが決して高い割引ではない事を頭において下さい。


確かに、稀ではありますが思いたった時期に予約をしないでいると結局ギリギリの予約になりお気に入りのおせち料理が完売していて予約できない事があります。

しかし、10月から予約販売がスタートしたとしても2ヶ月半くらいはあるわけですから、決して焦る必要はありませんよね。それと、他にも早い時期の予約をお勧めできない理由があります。

 

それは早い時期だとおせち料理の売れ筋で前年人気だった商品はわかりますが、今年のリアルタイムで売れているおせち料理はわからないからです。


特におせち料理の売れ筋商品は前年購入者の満足度が反映される為、前年の人気の売れ筋のおせち料理というのは一昨年の購入者の満足度と考えてもいいですよね。

ですから、毎年売れ筋商品が同じというわけでもないのでより信頼できる人気のおせち料理というのはリアルタイムに売れているおせち料理を予約するほうが初心者にとっては良いのではないでしょうか。

 

割引の話に戻りますが、通販によっては非常に長い期間早割りを謳っている通販もあるので実際にはそれほどお得感を感じる事がありません。


しかも、特に冷凍おせち料理を販売している通販に多いのですがクリスマス時期を過ぎてから大幅に割引をしているおせち料理の通販もあるので、そちらのほうが絶対にお得に感じるはずです。

確かに大幅割引のおせち料理の場合、不安視される方も多いとは思いますがその点はご心配には及びません。何故なら、冷凍おせち料理の場合ある程度の販売台数を見込んで作られている為在庫が残って処分するような事になれば会社は大損ですよね。

 

なので、正直割引で利益がなくとも消費者に還元して購入して頂いたほうが会社にとってもメリットが大きいからです。


ですから、通常割引のおせち料理と大幅割引のおせち料理との品質が変わるわけではないので安心して大丈夫です。但し、希望のおせち料理を、大幅割引があるまで待っていると気がついた時には完売しているという事もよくあるので気をつけて下さいね。

最後に特に割引を気にされない人であれば、12月に入ってからじっくり検討して予約をすれば良いと思います。おせち料理の予約はよく、おせち料理通販のランキングなども参考にしてじっくりと選びましょう。

急ぎすぎては、せっかくのお正月も愉しめない結果になるかもしれないので安全で安心できる通販で御節料理を予約して下さいね。予約をするにあたってはおせち料理通販の人気・売れ筋を選べば、ほぼ失敗しないと思います。

売れ筋のおせち料理の場合リピーターの購入している確立が高いので信頼度も高いといえるでしょう。

2019年のおせち料理通販前年売上げ実績ランキング

おせち料理通販歴も長く毎年人気の料亭監修のおせち料理を提供!

匠本舗の人気おせち料理

  • 京都祇園「華舞」監修特大重 夢の舞
  • 京都円山料亭「東観荘」監修特大重 華寿千【増産決定】
  • 林裕人監修おせち料理超特大宝船【増産決定】

食材宅配業者の冷凍技術のおせち料理のOisix

Oisixの人気おせち料理

  • 間違いないおいしさの二段重『高砂』
  • これ1つで和洋中楽しめる『高砂×本格中華』
  • 大人気ブランドと高砂の限定コラボ『高砂×DEAN&DELUCA』

管理栄養士が考案したバランスの良いメニューで減塩食材のおまかせ健康三彩のおせち料理

おまかせ健康三彩の人気おせち料理

  • 特大サイズの和洋中おせち料理『鳳凰』
  • 52品目の豪華絢爛おせち料理『朱雀』
  • 45品目の京おせち料理『雅』

料亭監修のおせち料理も販売する旨いもの探検隊

旨いもの探検隊の人気おせち料理

  • 42品目豪華おせち料理『招福』
  • 京料理 道楽 飯田知史監修おせち料理『明の春』
  • 京料理の料亭の名を冠した『濱登久』

本格おせち料理?それとも中華おせち料理?

鶏肉の八幡巻き

よくおせち料理の定番としては牛肉の八幡巻がありますが、私が子供のころからたべているおせち料理では鶏肉で作っていました。牛肉はどうしても冷えると脂がざらざらとした舌触りが気になり、食べてもらう人にもちょっと申し訳なく思うからです。

 

鶏肉だと多少冷えても牛肉ほど舌触りが気になりません。


また、牛肉はしっかり巻いていてもボロボロと崩れやすいので弾力のある鶏肉の方が重箱に詰める際にも崩れがきになりません。そして、甘辛い醤油で煮込むので柔らかくなり、小さな子供でも食べやすいというのが特徴です。中身は定番のゴボウに人参。

 

他に変わり種としてチーズを入れると老若男女食べられるので人気の一品です。


ただ、鶏肉は傷みやすいので、しっかり味を濃いめにつけることが大事です。そして作り置きの一品といっても最近は暖冬傾向や部屋の温度も高めなので12月31日の大晦日ギリギリに作り、食べるまでの間をあけないように工夫をしています。

やっぱりブリでしょ

私は福岡県出身で、現在は県外に住んでいますが、お正月には必ず実家に帰ります。我が家のお正月に欠かせない海の幸は、なんといってもブリです!福岡県の一部の地域では、お雑煮に塩焼きにしたブリを入れます。

なので、福岡県民は、お正月にブリが欠かせないという人が多いのではないでしょうか。もちろん我が家のお雑煮にも塩焼きのブリは入っています。お雑煮に入れるだけでなく、塩焼きにした物をご飯のお供に食べたり、刺し身や寿司で食べたり、昆布で巻いてみたりと、

 

食べ方は様々です。


ブリは、魚屋さんで切り身にされたものを購入することが多いのですが、1匹で購入することもあります。切り身でないものを購入する時は、捌く作業が大変にはなりますが、新鮮なので刺し身等の生の状態で食べることができるのがその魅力です。

また、福岡県内では、お世話になった方に感謝の気持ちを伝えるお歳暮として、ブリを贈る習慣もあります。大きければ、大きいほど、感謝の気持ちが大きいとかなんとか。ですが訳ありズワイガニをお歳暮で贈るのは失礼です。

味の調節がしやすいお雑煮のレシピ

 

我が家のお雑煮は毎回味が違います。


その理由は、はっきりとしたレシピが無い事や、食べる人の好みや体調・気分に合わせてお雑煮を作るからで、風邪をひいていたり食欲が無い時は薄味で(野菜スープをイメージ)、お腹が空いていたりコッテリした物(豚骨ラーメンのイメージ)が食べたい時は濃くなります。

基本的なレシピは、水700mlにだしの素一袋を加え、雑煮用の人参と大根各1/2~1本(大きさによって調整)が軟らかくなるまで煮て、おもちを加えます。(お正月には湯がいておいた小松菜も盛り付け彩りを良くしますが、普段作る時は人参と大根しか入れません)

 

おもちが軟らかくなれば白みそを加え・・・


量は大さじ2~4で味を調整しながら入れていきます。この時に自分の好みになるようにこまめに味見をして下さい。(あまりにも味見をしすぎると味が分からなくなってくるので、3回程度が理想)

もし、理想の濃さよりも濃くなってしまったとしても、だし汁を足せば良いので味は簡単に調整できます。

我が家のおせち料理の通販ランキング

子孫繁栄を願う数の子

お正月の楽しみの一つに、おせち料理があります。我が家で一番人気のおせち料理は数の子です。数の子は小さい卵がたくさんくっついていますよね。その家の子孫繁栄を願って食べられるんだそうですよ。年末に味付け数の子をスーパーで買うと高いのですが、

 

自分で醤油漬けを作ったり、粕漬けにして食べるのが簡単で好きです。


煮物等が多いおせち料理2019年のお正月のお料理の中で塩気を含んだ数の子の味があると飽きませんし、家族全員お酒のおつまみとしてどんどん箸が進みますね。しっかり漬けて生臭さをけしておけば子供たちも喜んで食べています

大量に漬けておけば、忙しいお正月に新たな料理の手間もないのが準備をする側としてもありがたいです。

伊達巻はお正月だけの甘い贅沢

我が家のお正月には毎年祖母の家で親戚一同が集まりおせち料理を楽しむのが恒例です。中でも人気は伊達巻です。人数が多いこともあり、おせち料理用のお重も特大なのですが、そのお重の1段を埋め尽くす勢いで準備されるのが甘くて美味しい伊達巻です。

その名前の由来には、和服の伊達巻に見た目が似ていることや伊達政宗の好物だったことなど諸説あるようですが、黄色に輝くあの伊達巻の見た目はいずれにせよとってもゴージャス。どちらの説も名前の由来として不思議はないですね。

 

お正月にしか食べないことがより贅沢な雰囲気を出すのかもしれません。


伊達巻にしかないあの甘味と食感が今も日本中で毎年食べられている人気の理由かと思います。

冷蔵おせち料理のいいところ

おせち料理は冷蔵品、冷凍品と色々なものがありますが、私のおすすめは冷蔵品のお重に詰めてある状態で届くおせち料理です。年末年始は忙しいですし解凍することもひとつの手間です。

おせち料理の種類にもよりますが、解凍してそのうえお重に並べなくてはならないタイプのものは言ってはなんですが最悪のパターンです。見本のように上手に並べることは殆どできないと思ったほうがよく場合によっては冷凍の

 

袋の中で解凍や取り出しのときに身が崩れてしまうこともあります。


これに比べて冷蔵は食べるときにまだ凍っているという危険性もなく、お重に並べてあるものを選べば蓋を開けたらもう食べられます。料理のことを心配せずに年越しできるのは絶対に冷蔵おせち料理です。

おせち料理通販やかに通販の口コミをよく閲覧するのですが実際の情報となればどれが信じれば良いのかと迷うのが正直な話です。個人的意見ですが最初は失敗してもいい位の覚悟がなければ中々選べないと思います。

しかし、覚悟せずともおせち料理の予約は2019年おすすめの人気通販の早割で選べば失敗はしません。

2019年も生おせち料理は人気上位

お正月なら有頭海老

普段は手間のかからない殻のむきで、冷凍ものをソテーとか洋風メニューにするのが定番ですが、お正月はおめでたい行事なのでお値段が少し高くても有頭海老。お正月定番であるのはロースターとかで殻付きのまま焼いた海老、

 

焼く前にさっと薄味にして作るのも比較的短い時間でできます。


好みで言うと田作りよりこれがあればいいなという感じ、サイズからしても銘々皿に盛り付ければよいお正月の素材です。買うときには冷蔵庫の機能を考えながら、大型でチルドとかあれば便利ですが数日使いたいとなると宅配の冷凍もの、

これだと小分けの少量でもいいので・・・
薄味のお醤油風味で旨煮とかあるみたいですが、海老ならそれよりお鍋に入れる方が良い風味、いつものお肉は入れないで海老とか魚介類鍋にします。銘々皿に食べる分をのせるのもいいですが、お鍋なら冬時期にまったりの暖かさがあるので

 

3が日の2日とか3日向けの献立と思います。


海老に関しては残るということもないので、焼いてからの海老を鍋物で消化です。

各地のおせち料理

おせち料理は地域によって違いますが、関東地方と関西地方に挟まれた地域のおせち料理を紹介します。私が住んでいるところは三重県の昔は関町でしたが、今は市町村合併で亀山市になっています。

 

江戸時代の関は東海道の宿場街としてにぎわいました。


地理的に見ると関東と関西の境目でおせち料理は簡単に言うとごちゃ混ぜで、我が家のおせち料理を書くと数の子、田作り、黒豆、かまぼこ、えび、ニシンの昆布巻き、だし巻き玉子、煮物はレンコン、にんじん、しいたけ、ごぼう、たけのこ、豆などを入れ、

甘いものにきんとんやかんてんなどを入れるのがこの地域の一般的なおせち料理です。
それと雑煮はこの地域の特徴としてとなりとは全く雑煮の中身が違って、ちなみに我が家の雑煮を書くとだしはすましじるで、もちは四角で少し焼いてから入れて鶏肉、しいたけ、かまぼこ、小松菜などと煮るのが我が家の雑煮で、となりの雑煮は味噌味で

 

丸もちを焼かずに入れ、具は大根だけと言うシンプルな雑煮です。


この地域は色んな文化の影響を受けたのでおせち料理もごちゃ混ぜです。先日タラバガニのわけあり通販を購入したので混ぜ込みました。

我が家のサーモンを使ったおせち料理

おせち料理にかかせない「なます」。我が家のおせち料理でも紅白なますは必ず入りますが、問題なのが、最後まで売れ残ることでした。紅白の色合いはきれいでも、材料はただの人参と大根だし、味は酸っぱいしでハッキリ言って不人気。

ですが、黒豆や栗きんとん等と並ぶ定番中の定番ゆえに外すわけにもいかず、で困っていたのですが、2~3年前から「なますのサーモン巻」として出すようになってから一転家族からも好評の一品となりました。

作り方はただなますをスモークサーモンで巻くだけなのですが、色もきれいな上これだけでなますが美味しく食べやすくなり、肉料理とは違った華やかさが出ます。コツはサーモン一切れに合わせた量をなますを乗せて巻き、

 

一口サイズにおさまるように作ることです。


こうすれば切り分ける手間も無く、食べる方も手軽に口にできます。余ったサーモンは一口分の酢飯と一緒にラップで丸めれば簡単にてまり寿司が作れます。これもご飯物がちょっと欲しくなった時に作ると好評です。

おせち料理にかにも添えておきたい

おせち料理をネット通販で購入した・調理した方の体験談

おせち料理のメニューはゴボウとタラコの煎り煮が家族皆大好き

我が家のおせち料理の脇には、鉢に入ったゴボウとタラコの煎り煮が定番で置かれています。実家がある地方では、お正月にはゴボウを食べる風習があり、冬に手に入りやすいタラコも加えてお正月の一品になっているのです。

ゴボウはささがきにし、あくをとって鍋に入れます。ニンジンとレンコンも薄く切り鍋に入れたら、少ない水で具材が柔らかくなるまで煮ます。柔らかくなったら生のタラコを入れてよくほぐし、お酒と醤油で味付けします。

水分を飛ばすようにしながら、タラコに火を通して完成です。小さい頃は、この煎り煮をご飯に乗せて食べていました。少し水分を残しておくと、タラコがシットリしてすごく食べやすいです。

 

お正月になると鍋にいっぱい、ゴボウの煎り煮を作っています。


家族全員、この煎り煮が大好きで山盛り食べるので、鍋が2日で空になってしまうほどです。だから年末になると母もわたしもゴボウのささがき作りに精をだしています。おせち料理よりも、気合いを入れています。

おせち料理は柿安ダイニングの黒酢団子入りのものがいい

我が家のおススメデパ地下お惣菜は、柿安ダイニングの黒酢団子です。昨年の初め、銀座で仕事があり帰りが遅くなったため、デパ地下でお惣菜を買って帰ることにしたのですが、そのとき銀座三越で柿安ダイニングを見つけました。

精肉の柿安さんは以前から知っていたので、直感ですぐ試し買いしてみようと思いました。マリネやサラダもおいしそうで良かったのですが、ボリュームのあるおかずが欲しかったので、他に比べて割安な「黒酢団子」を買いました。

黒酢餡は予想していたほど酸っぱい感じがあまりなく、まろやかな感じで口当たりがよく、団子自体もふわふわでおいしかったです。家族にも好評で、以来銀座で仕事があるときは月一で帰りがけに買っています。

 

他のおかずだと100グラムで400円以上してしまいますが・・・


黒酢団子は1パックで100グラムくらい入っていて300円台なので、とても満足しています。友人の話だと、蒲田のグランデュオにもあるとのことなので機会があれば他のお店でも買って味比べしてみようと思っています。

中華のおせち料理にはぱりぱり鶏肉のネギソースがけが入ってると主人も喜ぶ

我が家で何かお祝い事があると、必ず作る料理があります。それは「ぱりぱり鶏肉のネギソースがけ」です。作り方は簡単で、まずネギソースを作ります。長ネギ一本をみじん切りにして、フライパンでさっと炒め、

 

  • しょうゆ1/2カップ
  • 酒大さじ1
  • 酢大さじ2
  • 砂糖大さじ1と1/2

を加えてひとに立ちさせます。次に一口大に切った鶏もも肉に片栗粉をはたいて多めの油で揚げ焼きにします。ぱりぱりに焼けたら熱いソースをかけて完成です。主人も子供も大好きで、たくさん作ってもあっという間になくなってしまいます。

豪華な食材は使っていませんが、家族全員が大好きなので、いつしかハレの日といえばこの料理が登場するようになりました。つい先日も、夫のボーナス支給日に子供の通知表が良かったこともあわせて家族でお祝いをしたのですが、

 

お気に入りのビールと、この「ぱりぱり鶏肉のネギソースがけ」で主人はご機嫌!


子供は普段は食事時は禁止しているジュースでご機嫌でした。Oisixの中華おせち料理なら主人も子供も正月から笑顔ですごすことができます。

お正月を過ごすのに見ておくサイト:消費者庁かに通販のおすすめはここだ!おせち料理2019おせち通販グルーポンおせち人気ランキング

▲ページトップに戻る